会長挨拶

環境会会長 水野 健彦

環境会の発展を一歩一歩着実に・・

名城大学理工部環境創造学科、環境会会員の皆様におかれましては益々ご活躍の事とお慶び申し上げます。また、平素は同窓会活動にご理解並びにご協力を賜りまして厚く御礼申し上げます。

私は平成28年6月より環境会会長を務めさせていただき現在二期目となります。環境創造学科の同窓会組織である環境会は会員相互の交流・親睦を図り理工学部環境創造学科の発展に寄与する事を目的としています。

会員数は環境会発足の平成16年から本年(平成30年)で15年目を迎えました。現在の会員数は学部卒業生及び大学院専攻修士課程修了生を含め約1500名で、会員の大部分は20代〜30代の同窓会組織です。会員の多くが在学中に習得した専門知識を生かし専門技術者として、官公庁や環境関連企業に就職し、それぞれの分野で活躍していることが何より誇りであります。

今後とも環境会の各行事に多くの卒業生が参加をしていただき、交流・親睦を諮ることにより人と人の絆を深め、会員、諸先輩のお力添えをいただき、学部生や先生との連携を密にし、名城大学理工学部環境創造学科の発展と共に環境会としての活動を行うことが出来るように努力していきます。環境会の主な活動としては、環境創造学科活動への援助・支援、会員名簿作成、環境会入会・会則説明会、父母のための進路セミナー、フレシュマンセミナー支援、環境エッセイコンテスト支援、環境会ホームページの更新、環境会懇親会、卒業生の記念品および祝賀パーティー援助等の行事を計画しています。

皆様のご支援ご協力のもとに一歩一歩着実に進んで行きたく、よろしくお願い申し上げます。